『緊張をとる』の紹介

『緊張をとる』の内容

  • 心は操作できない。それを理解すると伸びる
  • 操作できない心は誘導する
  • 楽しめたら緊張しない
  • 楽しむ方法–むちゃくちゃ言葉
  • 緊張には短期と長期の種類がある
  • 論理で感性を伸ばす方法
  • 目指すは”絶妙”な中途半端
  • マンネリにならない為に欲張らないこと
  • 感じようとしない
  • 最後は謙虚が勝つ理由
  • マンネリにならない為に新しい刺激を与える
  • ズルをする・がんばらない利点
  • 勘違いされている集中力
  • 上手に集中はリラックス、下手に集中は緊張
  • かつ舌と表情のゆるめ方
  • 大きくやりすぎて戻すと躊躇は取れる
  • 歌の練習とプレゼンの共通点
  • 誰でも1分でノッて踊れる方法
  • 独り言の効果
  • いきなり成功を狙うのでなく助走する
  • ばかげる利点と方法。躊躇は簡単にとれる
  • 『質より量』『量より質』どっちがいい?
  • ポジティブの弊害
  • ポジティブって嘘つき
  • ポジティブはカッコつけ
  • 100点から始める減点法より、0点から始める加点法が成功する
  • 頭でっかちを怖がって考えないとアホのまま
  • 理解する時と行動する時では、頭でっかちの種類が違う
  • ポジティブはオールマイティではない
  • ネガティブは現実主義だから成功する
  • 自分のまんまになれないポジティブは偽善者
  • ポジティブを目指すと自分を無くす
  • 自由になるために型にはめる
  • 心の余裕の場所にインスピレーションが来る
  • 不安に気付くのは自分のまんまになれること
  • 原因の分からない不安は、なぜなぜ?って書く
  • 常識って初心者に分かりやすくしてるだけだから常識を疑うこと
  • 失敗のイメージを持つと得
  • 謙虚で失敗する場合
  • イメージを持つ危険性
  • 期待値・合格ライン・目標を低く設定すると才能はワープする
  • 頑張って背負わない方が得
  • 適当・いい加減な人ほど伸びる理由
  • ポジティブはネガティブ要素で構成されていないと三流のポジティブ
  • 少なくとも二段階で考える
  • 楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
  • 成功しようとするのでなく失敗しないようにすると成功する
  • いつ頑張って、頑張らないかは顕在意識と潜在意識で分ける
  • 焦ったらアカンって言うくせに結果を求める間違った教えは無視する
  • 小さな歯車を合わすとはこういうこと
  • 損する時は無視する場合
  • 成長は三歩進んで二歩下がる法則
  • 見つめる鍋は煮えない
  • 完璧主義は間違いと分かっていてもやってしまう完璧主義
  • イメージの持ち方は、ざっくりを数回
  • 簡単に変わる方法。ブレろ!
  • 持って良い目標。持ってはいけない目標の違い
  • 目標を目指して、葛藤して緊張して失敗してしまう仕組み
  • 本気で本読みをやらない、台詞を覚えない利点
  • 噛み砕いた練習はこう工夫して考える
  • 俳優の潰し方と人生の潰し方は同じ
  • 諦めないために諦められたら成功する
  • リラクゼーション
  • 噛み砕いたリラクゼーションの方法
  • もっと噛み砕いた『連動のリラクゼーション』
  • 脳のリラクゼーション
  • 俳優の想像力・集中力の源
  • トラウマを解消する『燃え上がる感情』
  • 反道徳的な超ネガティブな独り言の利点
  • 『悪役レスラーの入場』で殻を破る
  • 緊張をとる練習方法のイラスト 28カット   など

    前のページ 『仕事依頼・お問い合わせ』

   次のページ 『伊藤丈恭のプロフィール』